ひよこらぼ

自作のTSF小説(変身・憑依・入れ替わり等によって性転換する小説)を掲載していく予定です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ

エイプリルフールふーる

「うそだよー」
 目の前の女性、上田さんがけらけらと笑う。
「え……?」
「今日は何の日か知ってる?エ・イ・プ・リ・ル・フール」
「そんな……うそなのか?」
「そういうことだ」
 上田さんの陰から、体格の良いクラスメイトの小城が出てきた。そこで俺はやっと自分がだまされたと気づいたのだった。
[“エイプリルフールふーる”の続きを読む]
このページのトップへ

拍手コメントの返信です。

いつも返信と変換すると
変身と最初に出てきて、うちのPCもTSに染まっているんだなと思う次第です(笑)


拍手の返信です
『具現化』に対するコメント
>ぬこさん
>続きが楽しみで仕方ない!

ありがとうございます。
今のところ続きは考えていないのですが、いろいろと続きを妄想できそうな設定なので
思いついたら続編を書いてみようと思います。
このページのトップへ

具現化

「義三じいちゃん、ゲーム貸してくれない? 古いの」
 高校生の義広は、自分の祖父義三にファミリーコンピューター、略してファミコンを借りようとしていた。
「おお、義広もレトロゲームに興味を持ったか!」
「違うって、ドラ○エ3を貸してほしいんだ」
 ドラ○エ3。かつて、社会現象にもなり、未だに続編の人気も衰えない有名RPGの3作目だ。
「さすが儂の孫じゃ。あれは名作じゃぞ」
 そう言って義三は、ファミコンとドラ○エ3を取り出し、義広に渡す。
「ありがと、じいちゃん」
 義広はそれを自分の部屋に持ち込んだ。

「よし、これさえあれば」
 義広の部屋には不思議な色をした映写機のようなものが置いてあった。
「これさえあれば、ゲームを現実にすることができるんだ!!」

[“具現化”の続きを読む]
このページのトップへ

拍手の返信

拍手コメントに返信します。

『神と悪魔と存在の手3』に対するコメント
02/05 02:51に拍手をいただいた方

実はカービィを少し意識していました。
透明人間状態になったときに、好き勝手やらせようかと思ったのですが、
収集がつかなくなるかもと思い、今回のようなオチになりました。
このお話はまだ続きを考えていますので、
すぐ公開……は難しいですが、気長にお待ち下さい。
このページのトップへ

神と悪魔と存在の手3

 俺の両手には不思議な力が宿っている。右手で触れた相手に自分の存在をコピーし、左手で触れた相手の存在を自分にコピーできるのだ。
 だが、最近ではこの力を使わないようにしている。俺という存在がなくなってしまうという恐怖からだ。手に力を込めるとこの力が発動するようなので、人に触れるときには力を込めずにいた。

 そんな中、俺はこの力を使えるようになるきっかけとなった二人に再び出会ってしまった。
[“神と悪魔と存在の手3”の続きを読む]
このページのトップへ

FC2Ad

プロフィール

ひよとーふ

Author:ひよとーふ
性別が変わってしまうTSF小説を掲載していく予定です。
リンクフリーです。よろしくお願いします。

最新記事

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (28)
短編TSF小説(憑依) (16)
短編TSF小説(変身) (9)
短編TSF小説(入替) (9)
短編TSF小説(その他) (10)
TS作品紹介 (2)
憑依バー (4)
逆転 (5)
神と悪魔と存在の手 (4)
カメラ (4)
りある・りふれくしょん (2)
小説一覧 (1)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。